2006年11月28日

某神戸オリエンタルホテルにて

きのう、某神戸オリエンタルホテルに行ってきた。
とある筋から、ジュエリーフェアの招待券を入手したため
ジュエリーの偵察に行ってきたのだ。
アクセデザイナーの僕にとっては、いわゆる市場調査ってやつだ。
ところが、ホテルなんて場所には、てんで行くことのない僕にはドキドキものだ。
その招待状には、なにやらケーキとドリンクも付いているらしい。
ホテルに着くとまず目に入ってきたのがクリスマスツリーだ。
tree.jpg
さすがに綺麗だった。
ツリーを横目に会場に向かう。
会場の入り口で招待状を渡し、すました顔で中に入るが、そのときにはもう既にドキドキものだ。
展示物を一通り見てから、周りを見渡すと皆が紳士淑女に見える。
僕だけがまるで場違いのようで、明らかに一人だけ浮いていた。
手持ち無沙汰になった僕は用意されてあった椅子に座り、紅茶を頂くことにした。
とそのとき、
「ケーキなどいかがですか?」
きたきた!!
僕はあたかも
「えっ、ケーキなんかあるんですか??」
ってな顔をしてみせ、
「ぢゃぁ」
ってことで、チーズケーキを頂くことにした。
、、、、
これがまた美味い!!さすがに某神戸オリエンタルホテルのことだけはある!!
ケーキを食べ終えて、しばらく座っていると
「昼食にバイキングでもいかがですか」
きたきたきた!!
これには、ビックリ!!ケーキのことは調査済みだったが、まさかランチバイキングまであるとは、、、
憧れのホテルバイキングだ。
フロアを離れエレベーターでレストランの階へ。
オーダー式のバイキングである。
バイキングの癖にテーブルから離れなくても、注文したものを向こうから持ってきてくれるのだ。(この世にそんなものがあるなんて知らなかった)

たらふく食べた。美味しかった!!
昼食が終わり、会場へ戻ると、相変わらず紳士淑女がジュエリーの輝きに魅了されている。
が、そんなことはお構いナシに
「そろそろ時間が、、、」
なんて言って、会場を出てきた。
正直、ホテルを出るまでドキドキだった。
なにせ、これだけいい思いをしておきながら僕の財布の中には\1500しか入ってなかったのだ。
あの会場の中にはこんな奴は僕以外にはいなかっただろう。

MumRueがお届けしました。
posted by A-COUST at 20:34| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | MumRue日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。