2006年12月27日

イブイブのBBQ(カルロス)

この間の土曜日の話。

休日にも拘らず仕事で協力工場さんに行っていたのだけど、夕方になって何故か会社の前でバーベキューが始まった
のどかでえーなーって傍目に見てたら案の定、いっぱいあるし食っていって下さいよと声を掛けられ、お言葉に甘えて肉を喰らっていると社長が現れた
その社長いわく、自分はクレー射撃の達人で昔国体に何回出たことがあるとか、オリンピックは最終予選で負けて出そびれたとか、審判の資格もあって云々とボケ老人みたく、何度も同じ話を繰り返し始めた。

肉を頬張りながらも、もしやと思い訊いてみると、そのもしやもしやはその通りで、今まさに喰らっているその肉はさっき篠山の山中で仕留めて来たばかりの獲物の物であり、それは鹿であるとのこと。
野生の鹿の肉ってのは初めて食したが、思いの他普通で臭みも無く、少し硬いが牛肉なんかとさほど変わらず、レバーなんかも含め結構美味しかったのだが、本当にこれは鹿だったのか?もしかしてもしかして鹿ではなくトナカイだったとしたら?イブイブのこんなタイミングで呑気に鹿肉のバーベキューに参加していたらバチ当たるんとちゃうかと、ちょいと思ってしまいました。

ふぅちゃん>
サンタのプレゼントが遅れたんは鬼畜カルロスがトナカイを喰ってしまったからって事にしたら?
ごめんね、ごん太


posted by A-COUST at 02:13| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | カルロス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。