2007年01月30日

ブログすごいな♪ハニー

月末の忙しさにかられ
ほんの2〜3日ブログから目を離していたら
なんだかいっぱい書き込みしてあって正直あせった。
あぁ、おぉ。。返信せねば。。
などと思いつつ慌てて書いてみたが
歳のせいか、性格のせいか、帰宅後もなんだか頭の中が
仕事モードと自宅モードの切り替えができていないので
気のきいたコメントが浮かばないのよね。
リーダーみたいな、しょーもない一言で読者を ぎゃはは と
笑わせる様なアホチックな文章に憧れているのだけど
とてもぢゃないが、リーダーのあの思考回路には太刀打ちできないみたいだ。


posted by A-COUST at 21:00| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Honey You日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

T-BOLAN(カルロス)

会社の後輩よりT-BOLANのベスト盤を入手。
懐かしさに涙しながら酒飲んでます。

ちょうど大学生から社会人になるころで、これまでの人生を振り返っても、とても大切な時期だったし、感受性も豊かな時期だっただろうし、一言で言って、色んな意味でとてもいい時代だった。
若い頃の記憶ってのは良く残っている物で、恐らくここ10年くらい聴いた事も無かったと思うのだが、殆どの曲が歌詞カードなしでフルコーラス歌えます。
まあ、こんな深夜にT-BOLANを絶叫するのも近所迷惑なので止めときますが。
今のBGMは「おさえられないこの気持ち」ですが、この気持ち押さえつけときます。

当時を振り返ると、このT-BOLANを初め、B'z、WANDS、DEENなど俗に言うビーイング系と言われる織田哲郎ファミリーがシーンを席巻していた。
このような、まるで意味を持たない英語っぽい造語のグループ名がビーイング系の特徴で、本来流行には敏感な若者(ジジー臭い表現やのぉ)にとっても耳に馴染むまでに少々時間が掛かり「B'zとWANDS、どっちがT-BOLAN?」などとトンチンカンな会話がなされていた事を思い出す。
これは後に「ロビンソンのスピッツ、えー曲やなぁ」と曲名とバンド名の見分けがつかないまま喋って笑われたとしても、ややこしい曲名をつける訳の判らない名前のついたバンドのせいだと堂々と言える時代を迎える前兆であった。

そしてもう一つの特徴として、「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」や「別れましょう私から消えましょうあなたから」など、恐らく当時の日本人ならば誰もが一度は突っ込んだであろう無駄に長い曲名が挙げられる。
カセットテープにダビングして、インデックスカードに曲名を書く時に、改行を忘れたが為に、B面の欄まで乱入してしまい、涙した人も日本中に僕を筆頭に50人くらいは居ると思われる。
でも、曲名は長くともアーチスト名が短いのもこの頃の特徴であり、曲名とアーチスト名を合計すると「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない/B'z(24字)」や「別れましょう私から消えましょうあなたから/大黒摩季(24字)」と「ブルー・シャトー/ジャッキー吉川とブルーコメッツ(22字)」は文字数が殆ど変わらず、「別れても好きな人/ロス・インディオスアンドシルヴィア(24字)」に至っては引き分けなのは小さな驚きであった。

BGM:SINGLES/T-BOLAN
posted by A-COUST at 01:57| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | カルロス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今何時??ふぅ

まだ月曜だと言うのに・・・
すっきりせん。
うだうだ書きしちゃる。
んー おちごとのストレスなるもの
今までにはないプレッシャーに耐えられず
夜中にこんなもん作ってしまいました。
brog6.jpg

あたしって鬱になると何か作りたくなる。
没頭したいからでしょうか。
現実逃避?
でも いい香り。
心休まるわ・・・・。

一言日記でした。


posted by A-COUST at 00:28| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ふぅちゃん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。