2007年04月28日

お気に入りミュージック邦楽編(カル)

何を今更だが、実はカルロスケンジはミュージシャンであり、水の惑星地球の住人、日本国民、大阪府民、吹田市民、会社Nの社員という立場は抜きにして、ミュージシャンカルロスケンジとしての寄稿をすべきではないか、と最近とみに思ふ
 
そう言えば、先日珍しくライブをして、ミュージシャンだぜオレは!という千載一遇のチャンスが有ったにも拘らず、それを棒に振り、ライブ前日からライブ終了後まで酒を飲み続けたうえに、どーだ!こんなに酒浸りになりながらもちゃんとライブをやり遂げたぜ!と、わざわざお金を払って見に来て頂いた方の好意を嘲笑うかのような言わなくても良い様な事をわざわざ寄稿したりするのみならず、傘パクリましたとか、ゲテモノ料理作りましたとか、およそ一般的なミュージシャン像とは程遠い物が大半を占め、その上、本blogスタート当初に書いた自己紹介記事にも音楽的バックボーンを示すと言う、ある意味でミュージシャンの自己紹介として一番大切な事も書かずに済ませてきたことに改めて気が付いたのであった。
 
彼はただの酒飲みだと思われてるけど、そうではなく実はミュージシャンなのよ
と思ってくれてる人がいるうちに、ミュージシャンカルロスケンジを改めて知らしめておく必要があると思われ、今後しばらくは

「オレ実はミュージシャンなんです。え?知らなかった?すんません、説明不足でした。ホンマのところそういう事なんでヨロシク」

キャンペーンを張ろうと思う。
 
と言うわけで、カルロスケンジの好きな音楽紹介、今日は邦楽編です。
 
 
NIJI/玲葉菜(2002)
永くに渡り聴き続けられる良いアルバムってのは往々にして最初聴いた時はパッとせんかったけど、繰り返し聴くうちによくなってくるってのが多いが、このアルバムは一曲目「beautiful day」のイントロでやられました。
アコギのイントロだけでなく曲、演奏全体、唄全てに渡り、絶妙に力が抜けており、レヨナの曲のみならず、これまでの人生で聴いた事のある全ての曲の中でもベストテイクの一つに挙げられる。
もちろん「beautiful day」以外にも名曲揃いだし、ワールドミュージック臭の強いレヨナの中では一番聴きやすいアルバムと言え、ホンマお奨めです。
オレがアコースティックバンドを始めようと言う思いを固めてくれたアルバムでもあります
 
Cozy-Guitar/宮本浩次(2001)
エレカシのリードボーカルと同姓同名だが別人。
「タイトでキュートなヒップがシュールなジョークとムードでテレフォンナンバー」という無茶苦茶早口が衝撃的なファンキーナンバーでシーンに現れたが為に、そのイメージが強いが、アルバムを重ねるにつれアコースティック志向が強くなり、この4枚目(その後シーンから消えたのが非常に残念)はギターを中心にしたバンド形態のアコースティックなポップスであり、そのメロディセンスが際立っており素晴らしい
 
Tokyo Ocean/BEGIN(1998)
沖縄民謡やブルースが強いBEGINだが、このアルバムはそれらの匂いの薄い、非常に良質なポップスを聴かせてくれる。
コーラスは相変わらず素晴らしいし、どの曲も名曲揃いだが、「防波堤で見た景色」はカルロスバラードランキングでも1.2を争う名曲である。
地元、高槻祭りにBEGINが来るって事で、それまでは「恋しくて」くらいしか知らんかったので、生BEGINを見る前に最新アルバムでも聴いてみるかってのが運の付きであった
アコースティック音楽したいなって思わせたきっかけにもなっている 
 
JOY RIDE/山弦(1998)
小倉博和と佐橋佳幸という、日本を代表するスタジオミュージシャンギタリストのデュオというと、ハイテクばりばりでギターマニア受けはするけど、マスターベーション的なアルバムをイメージしがちだが全くさにあらず。もちろんテクニック的には凄まじいだろうが、それを聴き手に押し付けないくらい、楽曲が素晴らしい上に二人のギターの絡みが絶妙。
ゴンチチなんかはサイドギターとリードギターがはっきりと分かれているけど、山弦は二人のギターがリードともバッキングとも判らない位絡み合いながら、それが全てテク披露ではなく、曲を構成する方向に向かっている。
二人のギターが左右に分かれているので、絶対にヘッドフォンで聴いて欲しい
オリジナル曲のアレンジを考える、その上で非常に勉強になったアルバムです。
 
Atomic Heart以降の全てのアルバム/Mr.Children
いわずもがなミスチルである
このバンドは演奏的には特に語るべき物はない。ヘタとは言わないが特別巧くもない。曲を活かすべく、堅実で控えめな演奏をしている
もちろん曲はどうこう言うまでもなく素晴らしい。小林武史のアレンジも的確であろう。
それ以上に何が特に素晴らしいかと言うと、歌詞。
そしてそれを曲に嵌めるセンスである。
無茶苦茶深い内容を、非常に日常的な事象や言葉、普通は歌詞にしないだろうという内容に置き換えたり当てはめて成立させている。
また、それを字余りや字足らずを気にしないかのようメロディにに当てはめている
桑田啓介はそれまでの57調だった邦楽の歌詞の作り方を無視して、日本語のポップスを英語っぽく聞かせるのに成功した。
桜井もその延長線上にいると思うが、そこに先述の深い意味を込め、かつ桑田とは違う日本語歌詞でのリズム感を作るのに成功したと思う。

posted by A-COUST at 01:40| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(7) | カルロス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お祝い事  ふぅ

今夜はめでたいことがあった
職場のおじちゃんがめでたく定年退職されました。
おじちゃんは高校出てから還暦まで
42年間お勤めを真っ当された。
うちの会社も団塊の世代の卒業始まり始まり。
そのおじちゃん 普段言うことの無いええこと言って
自分で自分を泣かしてしまってた。
まわりももらい泣き笑い。
『ここまでやってこれたのは皆さんの支えがあったからです
そして やっぱり一番大きいのは 家内がいてくれたからだと思います
家では言えないけれどここで言わせて貰います 涙涙そうそう』
このおっちゃん
酒は飲んで飲まれて寝てしまうタイプだからしれているのだが
大のぱちんこ好き。
でも すぐかっとなるタイプだから 勝てない なのに ご飯たべるのと同じく
ぱちんこが 生活の一部。
今までの負けを計算すると ベンツは余裕で買えるらしい。
ここまで頑張ってお勤めされた おっちゃんもえらいけど
こんな 旦那を許して いろんな躾をしてこられた奥さんは
本当にえらいと思う。
許す心も必要なのだなと。
夫婦は長い年月かかって
夫婦になるんやなあと思いました。
で、そのおっちゃんは 休み明け
嘱託社員として継続雇用されることになってます。
新入社員の気分らしい!? 
posted by A-COUST at 00:49| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ふぅちゃん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。