2007年06月26日

中途半端(かる)

昔からよく中途半端だといわれる。
今オレの何が中途半端だと考えるに、オレは会社員である、それが中途半端だと思う。
いやいや、別に会社員が中途半端だと言うのではない。

かつて職業適性試験を二回受けた事があるのだが、結果は会社員の適正は二回とも最下位で、最上位は芸術家であった。
芸術家と言うとどうも絵描きとか彫刻家とかそのあたりを思い浮かべるが、そんなものになれるはずも無く、学校でのそれらの成績は常にワーストランキングシングルであった。
しかししかし、英語にすると芸術家はアーティストであり、ミュージシャンもアーティストと呼ばれており芸術家と言える、音楽ならば人よりは出来るぞ、ならばミュージシャンでアーティストとして生計を立てよう、プロのミュージシャンを目指そうとは考えずに、ま、えっかぁと会社員になってしまったのが大変中途半端なのである。
プロミュージシャンを目指していればよかったと後悔している訳ではないけどね。

人生の岐路を何も考えずに決めてしまったその中途半端さ加減が今まさにオレを襲っており、実は今、会社員として大変な危機に晒されているのである。
適正最下位の会社員であっても何となくそれなりに出来てしまうのが、中途半端でも死なずに生きていけるオレのある意味長所でもあるわけだが、10数年も会社員をやっていると「何となくそれなり」では済まされなくなってきており、なんと言うことか困った事に全社プロジェクトみたいな物に選出されてしまったのである。
次代を担う新商品の創出とか新ビジネススタイルの確立とかなんとか、オレのオツムでは到底理解できない、言わば脳みそが沸騰してしまいそうなプロジェクトである。

選ばれたメンバーを見ても、まだ若いが全社的に名の通った活きの良い切れ者ばかりが選ばれている。
間違いなくオレが一番ネームバリューが無く、人事発表を見て大阪のこいつって一体誰?と全社中で話題沸騰になって、これをきっかけに嫌な意味で有名になってしまった物と考える。

でもオレはこの人選を見てピーンと来たね。
自分の中途半端さにいい加減気付け、このプロジェクトで早々に馬脚を現して、そして会社を辞めて芸術家にでもなれと、そういうことやな!
そういうことならこんな会社辞めてやらぁ、プロのミュージシャンになってやらぁと、流石にそんな無鉄砲な事も考えられないのもオレの中途半端なところであり、大体、投げやりっていうかネガティブシンキングになってはいかん、ポジティブにこの現状を考えなきゃと冷静になってみる。

改めてメンバーを見てみる。
メンバーを選んだのはプロジェクトリーダーである。
そう言えば、このリーダーは「無茶苦茶」が付くほどの酒好きである。


なんや、そういうことか、単純に酒好きを集めたんや。


更に見てみるとリーダーを筆頭に全員がスモーカーやん?
今煙草吸いは非常に肩身の狭い思いを強いられており、リーダーもそんな思いを分かち合える仲間が欲しかったんや。
酒飲みで煙草吸い、それだけでプロジェクトメンバーに選ばれたのか、なんだそれならと大変気が楽になった。

毎月一回東京に行ってタバコ吸って酒飲んでくればええんやろ?そんなん楽勝やん!ハハハハ!
と中途半端に安心した今日この頃
っちゅうか、そんなんでええのか?と中途半端な脳みそで考えている今日この頃

posted by A-COUST at 00:59| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | カルロス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。