2007年12月09日

最新昼飯事情(かる)

石油、鉄など原料の価格高騰はとどまる事を知らず、
それに伴い、いろいろな物が値上がりし始めているが、
原価アップをプライスに転嫁できる業界ばかりではなく、
原料代はあがっても、プライスはそのまま、
もしくは値下げなんて業界も世の中には存在しており、
そんなところは原価をいかに抑えるかに苦心することになり、
人件費を抑えにかかったり、仕入れを先を変えたり、色々なところで
合理化を図るのである。
昼飯産業はまさにそんな業界であり、
ここ20年ほど値段は下がり続けているような気がする。
そこで昼飯産業界では正社員からパート、バイトにしたり、
舗をたたんで道端での販売に変えたり、材料を中国産に変えたり、
容量自体を減らしたり色々なことをして、
寂しげな僕の財布にとって非常に優しい存在となっている。

この写真は最近会社の近くの路上でパラソル立てて販売を
開始した弁当なんだが、缶入りのお茶つきで¥400である。
お茶なしなら¥380である。強烈に安い。

KC380160.jpg

味?さすがに不味い。
値段が値段だけに全く期待はしていなかったが、
腹に入りさえすりゃ何でもいいといったレベルである。
どんな材料を使えばこんな味になるのだろうか?
との疑問が頭をもたげ、材料表記を見て戦慄が走る

KC380161.jpg

「原材料名:ごはん、おかず、調味料、着色料」
これだけであった。
「おかず」って原材料名か?
posted by A-COUST at 12:53| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | カルロス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。